犬のしつけは自身のため

小犬の頃はかわいらしくても、犬はあっという間に成長します。

小さいうちにきちんと犬のしつけをしておかないと、そのつもりがなくても周りに迷惑をかけてしまい、本人(犬?)もかわいそうです。

大人になってから問題が顕在化して、ドッグスクールなどに入れ、訓練してもらうという人もいます。

でも、大人になってからでは何倍も大変ですから、やはりなるべく小犬のうちにしておきたいものです。

問題行動を起こす場合、犬だけでなく、飼い主にも問題がある場合があります。

飼い主の行動がわかりにくくて犬にきちんと意図が伝わらず、犬を混乱させていたり、勘違いさせていたりする場合があるのです。

だから、飼い主も行動を改善していく必要があります。

そうでないと、せっかく犬が訓練を受けても、元の木阿弥ということになりかねません。

犬にも個性があります。

人懐っこい犬、落ち着きのない犬、活発な犬、おとなしい犬。

それぞれの犬の性格を把握して、その犬に合ったしつけをする必要があります。

犬種によるキャラクターの違いもあるようですね。

ゴールデンレトリバーはフレンドリーな性格と言われていますね、友人宅を訪れた際、ドアを開けたらいきなり飛びかかられて、もちろん喜んで歓迎してくれていたのですが、大型犬なだけに、一瞬よろけてしまいました。

大型犬は力が強いですから、そのつもりがなくても相手を怪我させてしまうということにもなりかねません。その点でも、とくにしつけが重要です。